トランスジェニックイネにおける導入遺伝子とイネゲノムとの境界領域の解析(165)

トランスジェニックイネにおける導入遺伝子とイネゲノムとの境界領域の解析(165)

課題番号1994000476
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
他機関東海大
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題遺伝情報発現における調節遺伝子の構造と調節機構の解明
小課題トランスジェニックイネにおける導入遺伝子とイネゲノムとの境界領域の解析(165)
摘要形質転換イネ(No.478)のゲノミックライブラリーから外来遺伝子およびその境界領域をすべてカバーするクローン群を単離した。さらにイネゲノム上における挿入部位を解析するため、Wild typeイネのゲノミックライブラリーから両端の境界領域を含むクローンを単離し、挿入点の前後約1kb塩基配列を決定した。その結果、■挿入点の近傍で、プラスミドとイネゲノムとの間に相同性は認められなかった。■イネゲノム上の挿入点の近傍領域はATに富んでおり、またARS、TBox、ABox、CEN■、トポイソメラーゼ■の認識配列などが多数存在し、SAR(scaffold attachment region)様の構造を持っていることが明らかとなった。したがって、直接法で外来遺伝子が導入される際には相同的組換えのような一次構造が関与する機構ではなく、クロマチンの特徴的な構造を認識し、二重鎖切断を伴うような非相同的組換え機構がはたらいている可能性が考えられる。
研究分担分子育種・遺子発現研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040123
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat