組織特異的プロモーター並びに転写調節因子の解析(168)

組織特異的プロモーター並びに転写調節因子の解析(168)

課題番号1994000478
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題遺伝情報発現における調節遺伝子の構造と調節機構の解明
小課題組織特異的プロモーター並びに転写調節因子の解析(168)
摘要ペチュニアにおいて、花弁特異的遺伝子発現を制御する転写調節因子EPF1およびその遺伝子ファミリーに属する三つのEPF2遺伝子(EPF2−5、EPF2−4、EPF2−7)を単離した。EPF2はいずれも二つの離れたジンクフィンガーモチーフを持ち、EPF1と同じく植物特有の構造を有する転写調節因子である。これらの遺伝子の発現パターンは、EPF2−4を除いて、すべて花器官特異的である。しかもそれぞれは異なる花器官に特異的に発現するので、これらの遺伝子のプロモーターを用いることによって、様々な発現パターンの制御が可能になる。
研究分担機能開発・発育生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040125
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat