不定胚誘導技術の開発とその分子機構の解析(179)

不定胚誘導技術の開発とその分子機構の解析(179)

課題番号1994000489
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H02〜H07
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材の作出のための細胞育種技術の確立
中課題遠縁遺伝子導入の効率化のための遺伝的調和機構の解明と制御手法の開発
小課題不定胚誘導技術の開発とその分子機構の解析(179)
摘要なすの不定胚誘導過程で特異的に発現する遺伝子を同定するため、新たにDDRT−PCR法の検討を行った。培養組織からmRNAを抽出し、cDNAを合成した。これを鋳型として、5’のランダムプライマーとポリA末端に相当する3’プライマーとを組み合わせてPCRを行い、ポリアクリルアミドゲル電気泳動を行った後、オートラジオグラフィーによりPCR産物を検出した。その結果、5’ランダムプライマーと3’プライマーの1種類の組み合わせにより50から100本のDNAバンドを検出することができ、その再現性は高かった。このように、従来より精度の高い方法で遺伝子の検出を行うことができた。
研究分担細胞育種・遠縁雑種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040136
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat