ヘテロシスの発現機構の解析

ヘテロシスの発現機構の解析

課題番号1994000498
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材の作出のための細胞育種技術の確立
中課題ヘテローシス機構の解明と利用法の開発
小課題ヘテロシスの発現機構の解析
摘要ヘテロシスは約100年前より交雑種の育成によって実用化された農業利用上最も重要な形質発現現象である。しかし、その発現機構の解明に結び付く分子遺伝学的な知見は乏しく、今なお未解明な研究課題として残されている。そこで、イネ等を材料に、植物体および細胞レベルで発現するヘテロシスの機構を分子遺伝学的に解明するため、特徴的な組合せ能力を示す両親(純系)とそれらの交雑F1種並びにF3の戻し交雑ファミリーにおけるタンパク質の構成やオルガネラゲノムの構造を解析し、形質のヘテロシス発現との関係を解明する。6年度は細胞増殖におけるヘテロシス現象を、タンパク質の生合成と遺伝的構成を中心に解析する。
研究分担細胞育種・ヘテロ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040145
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat