植物における宿主・病原体相互作用の分子機構(238)

植物における宿主・病原体相互作用の分子機構(238)

課題番号1994000552
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種手法の開発による新作物育種素材の作出
中課題高度ストレス耐性・耐病虫性を付与した新育種素材の作出
小課題植物における宿主・病原体相互作用の分子機構(238)
摘要イネいもち病に対する真性抵抗性遺伝子のうちインド型イネから導入されたPi−zt及びPi−bについて、これまでに我が国で開発された多数の準同質遺伝子系統(NIL)を利用して、RFLPによる精密マッピングを試みた。RFLPマーカーが日印交雑に基づくものなので、ここで使われたインド型イネ由来の遺伝子のマッピングには極めて効果的で、Pi−ztが第6染色体の約100cM、Pi−bが第2染色体の0cMの位置にある事が示された。さらに約400個体のF2から約100の感受性個体(Pi劣性ホモ)を選び、約200染色体相当の精度でF2分析を行い、Pi−bでは0cM、Pi−ztでは4cMの所にRAPD法によるPCRマーカーを見出した。これにより抵抗性遺伝子のポジショナルクローニングへの道が開かれた。
研究分担機能開発・特殊生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040199
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat