耕うんロボットの開発−高速ロータリの開発

耕うんロボットの開発−高速ロータリの開発

課題番号1994004240
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の高性能化のための技術開発
中課題水田作・畑作用機械の高性能化に関する研究
小課題耕うんロボットの開発−高速ロータリの開発
摘要耕うん作業の高速化をはかるため、ロータリなた爪の形状及び本数を変えた予備試作機を製作し試験した。その結果、対照機では、作業精度面から作業速度1.0m/s程度(耕うんピッチ20cm程度)が高速化の限界であったが、予備試作機では、作業速度1.4m/s程度まで作業可能であること、作業速度1.0m/s以上の高速域においても、作業速度のより低い対照機と同程度の砕土状態を得ることができることがわかった。埋没性能や均平性能等の向上、所要動力の低減が今後の課題であり、それらの改善をねらった試作1号機を製作した。
研究分担生産・土壌シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040206
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat