傾斜地用多目的作業車のアタッチメントの開発−高畝栽培用土壌管理機の開発(27)

傾斜地用多目的作業車のアタッチメントの開発−高畝栽培用土壌管理機の開発(27)

課題番号1994004270
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
他機関広島果樹研究所;佐賀果試【秋元稔万;木村陽登;岩切徹;末次信行;山口正洋】
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の多機能化のための技術開発
中課題園芸・特用作物用機械の多機能化に関する研究
小課題傾斜地用多目的作業車のアタッチメントの開発−高畝栽培用土壌管理機の開発(27)
摘要市販の溝掘り・畝立て用ロータリ(トラクタ用作業機)を基にして、畝の修復と根切りを同時に行う高畝栽培用土壌管理機COR−10型を試作した。多目的作業車の全幅1070mmに合わせるため、1200mmの耕うん幅を1000mmに短縮し、その両端部に畝の裾部分の断根を行う根切り刃を設けた。走行部に加わる抵抗を減少させるため、爪軸の回転を利用したクランク機構により、根切り刃を前後に揺動させる構造にした。生研機構内圃場において試験を行った結果、目標とした機能がほぼ確認され、所要動力は1.6〜1.8kWであった。改良点として、根切り刃支持部材の強化、草生圃場での根切り刃の機能改善が明らかとなった。
研究分担園芸工学・果樹生産研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040236
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat