野菜接木ロボットの開発

野菜接木ロボットの開発

課題番号1994004289
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
他機関中国農試
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題先端技術実用化のための技術開発
大課題新種苗生産システム実用化のための技術開発
中課題接木苗の生産装置に関する研究
小課題野菜接木ロボットの開発
摘要苗を1株ずつ人力供給し、片葉切断接ぎを行うウリ科野菜用果接木ロボットを試作し、スイカ、メロン、キュウリで現地試験を実施した。また、接がれた苗の植え付け及びハンドリングを省力化するために、ポット自動搬送装置を開発した。1)作業能率:3名の組作業(苗供給2、補助1)で、700〜750株/hの処理能力があり、慣行手作業に比べ約3倍の能率であった。2)作業精度:機械的接木成功率はスイカ(461株供試)とキュウリ(4122株供試)95%、メロンはカボチャ台(1000株供試)で99%、共台(100株供試)で96%と、3品目とも目標値の95%を超えた。また、活着率は、いずれも90%以上であり、活着した苗はほとんどが成苗となった。
研究分担基礎・バイオ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040255
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat