簡易耕・不耕起施肥播種用機械の研究−不耕起施肥播種機の高性能化(48)

簡易耕・不耕起施肥播種用機械の研究−不耕起施肥播種機の高性能化(48)

課題番号1994004302
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題環境保全と資源活用のための技術開発
大課題地球温暖化抑制のための技術開発
中課題化石エネルギー利用の効率化に関する研究
小課題簡易耕・不耕起施肥播種用機械の研究−不耕起施肥播種機の高性能化(48)
摘要大豆、麦類等の作物に汎用的に利用できる不耕起施肥播種機を高性能化するため、穴播き式の試作2号機(進行方向に対し一定の角度で回転するディスクに取付けた爪でほ場に穴を開け、穴開けと同時に種子と肥料を落下させる)に、種々の改造を加えて試験した。その結果、種子導管の改造により大豆の2粒点播性能が向上したこと、新型覆土器の取付けにより覆土性能が向上したこと、わら除去装置の使用により穴に入る種子の割合が向上したこと等が明らかになった。わらの多いほ場や長わらが列状に残っているほ場での播種精度の向上が問題点として残されている。本研究の成果を受け、4年度より水稲用不耕起播種機の開発を並行して進めている。
研究分担生産・土壌シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040268
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat