植付精度試験用三次元座標測定装置の試作(69)

植付精度試験用三次元座標測定装置の試作(69)

課題番号1994004323
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題農業機械の研究開発のための支援技術の充実
大課題農業機械の試験法,評価法の開発及び高度化
中課題農業機械の検査,鑑定のための試験法,評価法の開発及び高度化
小課題植付精度試験用三次元座標測定装置の試作(69)
摘要野菜移植機の性能評価に必要となる植付け深さや植付け姿勢などの測定に利用できる簡易な三次元座標測定機を試作した。本装置は、水平面上の一直線上にない3定点から測定点までの距離をそれぞれワイヤ及びポテンショメータで計測してその座標を求めるもので、複数の測定点の座標から植付け深さや植付け姿勢などを測定できるようにしたものである。また、装置の左右、前後方向の傾きを2個の傾斜センサで検出し、測定点の座標を補正する方式とした。三軸直交型座標測定装置を用いて測定精度の確認を行った結果、この装置は植付け深さでは2.5mm程度の誤差、植付け姿勢では2点間の距離が100mmで1.7゜〜3.5゜程度の誤差であり、実用に供し得ることがわかった。なお、植付け姿勢を測定する場合、苗の姿勢が悪いほど、また、測定する2点間の距離が小さいほど誤差が大きくなるので、直尺等を当ててその距離を100〜200mm程度にする必要がある。
研究分担評価・作1室
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040289
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat