ハウスイチゴ栽培における作業強度と機械化

ハウスイチゴ栽培における作業強度と機械化

課題番号1994004329
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題農業機械の研究開発のための支援技術の充実
大課題農業機械に関わる技術情報システムに関する研究
中課題農業機械に関わる技術情報の収集と分析
小課題ハウスイチゴ栽培における作業強度と機械化
摘要ハウスイチゴ生産の多い14県の栽培農家の経営概要、使用機械、作業強度、機械化の要望等のアンケート調査をした。栽培品種は女峰68%、とよのか29%、その他3%である。利用する機械は乗用トラクタ93%、畦立機88%、収穫作業台55%等である。機械化の要望では、深耕の出来るトラクタ、高畦の造れる畦立機、軽量な収穫作業台等がある。作業がきつい理由として、畦立作業ではバランスを取るのが難しく手直し作業が多い、ポット詰め・定植、収穫・選別等の作業では中腰姿勢による腰痛を挙げているものが多い。市販の収穫作業台を使用している人は47%であった。
研究分担企画・機械情報
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040295
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat