野菜類の気象生態反応と気象的適地条件の解明(27)

野菜類の気象生態反応と気象的適地条件の解明(27)

課題番号1994002780
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題生態系に調和した耕地環境の管理技術の確立
大課題気候資源の評価と有効利用技術の開発
中課題中山間地域の気候資源評価法の開発
小課題野菜類の気象生態反応と気象的適地条件の解明(27)
摘要潅水開始点をpF1.8、pF2.1、pF2.4に一定とする区とpF1.8から2.4へ徐々に上昇させる区を設けて、ホウレンソウの生育に及ぼす土壌水分の影響を調査した。その結果、生体重と葉面積では、pF1.8とpF2.1で差はなく、pF2.4でやや劣る傾向が認められた。潅水開始点を徐々に上昇させた区は、pF2.4で潅水した期間が長かったため、pF2.4の区とほぼ同様の生育となった。果菜類に比べてやや低い土壌水分域で生育阻害が始まったが、果菜類より根群域が狭いことや通導組織の発達が劣るためと解釈された。
研究分担生産環境・気象資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040336
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat