卵寄生蜂によるコナガの生物的防除の確立に関する研究(47)

卵寄生蜂によるコナガの生物的防除の確立に関する研究(47)

課題番号1994002801
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生態系に調和した耕地環境の管理技術の確立
大課題病害虫の発生機構の解明と総合防除技術の開発
中課題害虫の発生機構の解明と生物的制御技術の確立
小課題卵寄生蜂によるコナガの生物的防除の確立に関する研究(47)
摘要メアカタマゴバチの放飼によるコナガの防除法開発の基礎資料として、3〜4年度において代替寄主スジコナマダラメイガ卵による大量増殖法を開発するとともに、増殖した寄生蜂の生態的特性を解明した。5年度にはガラス室のコナガ卵に対して放飼し、寄生蜂の放飼密度が高い区ほど被寄生寄主数の上限値が高くなること、コナガ成虫をキャベツ株当たり2.0頭放飼した後、1〜6日間連続して寄生蜂を放すと、コナガの増殖率が低下することなどが判明した。この研究は経常研究により6年度も継続し、実用化を目指す。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040357
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat