温暖地平坦部水田営農における輪作技術体系の確立(79)

温暖地平坦部水田営農における輪作技術体系の確立(79)

課題番号1994002839
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関四国農試
研究期間継H03〜H08
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題作物生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題機械化による作物生産安定のための作業技術の開発
小課題温暖地平坦部水田営農における輪作技術体系の確立(79)
摘要温暖地平坦部における麦−水稲2毛作体系の大幅な省力・安定化のため、麦収穫同時水稲流体播種技術の改善に取り組んだ。今年度は、試作機本体を3条刈3条播種から4条刈4条播種にした試作2号機にさらに改良を加えた。その結果、昨年度問題となった播種条上のわらの偏分布は解消し、ほぼ均一に散布できた。播種量は目標よりもやや少なめとなったが、苗立ち数は97.7本/■、苗立ち率は平均73.2%を確保できた。収量は籾で443.5kg/10aで、漏水防止対策が不十分だったため生育に影響がでた可能性が高い。なお除草剤散布が1回(播種後17日に液剤散布)でも、麦わらが地表面を覆っていれば雑草の繁茂は少ないことが確認できた。
研究分担作物開発・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat