走行路、作物等の視覚認識技術の開発

走行路、作物等の視覚認識技術の開発

課題番号1994002843
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題消費ニーズに対応した作物の開発と高品質安定生産・品質保持技術の確立
大課題作物生産機能の解明と高位安定生産技術の開発
中課題機械化による作物生産安定のための作業技術の開発
小課題走行路、作物等の視覚認識技術の開発
摘要農作業の無人化、自動化を実現するためには、圃場における作業車の無人運転を可能にする技術開発が必要である。そのためには、農道や圃場内での機械走行路における障害物等、直進走行の妨げとなる異常の有無、さらには作業対象とする作物との位置関係等を機械に検知させることが必要であり、さもなくば、直進走行が可能かまたは直前の障害物を回避すべきか等を機械に判断させることができない。この研究では、圃場内を自律走行する無人作業車のための簡易な目と頭を構築するため、小型コンピュータとテレビカメラの組合わせにより、走行路周辺の障害物や圃場内の対象作物体等を簡易に視覚認識する技術を開発する。
研究分担作物開発・機械化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040399
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat