肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(103)

肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(103)

課題番号1994002877
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題中山間地域における肉用牛の高位生産技術の確立
大課題優良肉用牛資源の効率的活用技術と高品質牛肉安定生産技術の開発
中課題育種・繁殖学的手法を活用した肉用牛の生産能力向上技術の開発
小課題肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(103)
摘要1937年から1992年の間に中国農試畜産部で生産された1707頭の黒毛和種の子牛から、記録を有する1228頭の生後6カ月までの発育に及ぼす母性遺伝の影響を、アニマルモデルによるREML法により検討した。体重体型測定部位・月齢により母性遺伝効果の発現様相が異なることが明らかとなった。つまり体重に対する母性遺伝効果は他の体型測定値より大きかった。また、体重・十字部高・胸囲に対する影響は月齢が進むにつれ大きくなり、体長・胸深・かん幅に対する影響は2〜3カ月齢で最高になった。
研究分担畜産・育種繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat