イネ穂ばらみ期耐冷性関与遺伝子の単離

イネ穂ばらみ期耐冷性関与遺伝子の単離

課題番号1994001991
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明と機能利用技術の開発
大課題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明
中課題寒地型夏作物の耐冷性機構の解明
小課題イネ穂ばらみ期耐冷性関与遺伝子の単離
摘要イネの穂ばらみ期耐冷性の作用機構の解明及び耐冷性関与遺伝子の単離を目的として、遺伝解析、形質転換体の作出を行う。穂ばらみ期耐冷性に関与する可能性のある遺伝子として、低温誘導性遺伝子、葯特異的遺伝子が既にクローニングされているので、これらの遺伝子についてRFLP解析を行い、耐冷性と関連を持つ遺伝子を絞り込む。培養変異の少ない遺伝子導入法を用いて、絞り込まれた遺伝子について過剰発現及び、アンチセンス発現をする様な形質転換体を作出する。形質転換体の中から、耐冷性に強弱を示す変異個体を選抜し、穂ばらみ期耐冷性に関与する遺伝子を単離する。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040481
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat