ポストハーベストフィジオロジーの解明による高品質野菜・果実の供給技術の開発(45)

ポストハーベストフィジオロジーの解明による高品質野菜・果実の供給技術の開発(45)

課題番号1994002003
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明と機能利用技術の開発
大課題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明
中課題寒地園芸作物の栽培生理・生態及び品質生理機構の解明
小課題ポストハーベストフィジオロジーの解明による高品質野菜・果実の供給技術の開発(45)
摘要夕張メロンの果実貯蔵における香気成分合成酵素(とくにエステル合成酵素)活性について調べた。その酵素はpH8〜9の範囲で活性が最も高く、またメチルとアミルアルコールからはエステル合成をしなかった。低温(0℃)貯蔵では、貯蔵後1週間で酵素の活性が急減した。室温(15〜20℃)貯蔵では酢酸エチル合成酵素の活性はクライマクテリマクシマム(以下CM)を過ぎると急減したが、その他のエステル合成酵素の活性はCM後に急増した。無酸素貯蔵では貯蔵前に果実のエチレン処理を行うと、貯蔵果実にエステル合成酵素の活性がみられた。以上のことからエステル合成には温度、酸素、及びエチレンの三条件が不可欠であると判断した。
研究分担地域基盤・品質生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040493
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat