アブラナ科野菜の品質形成および鮮度保持の生理化学的解明(50)

アブラナ科野菜の品質形成および鮮度保持の生理化学的解明(50)

課題番号1994002007
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明と機能利用技術の開発
大課題寒地生物資源の低温生理生態機構の解明
中課題寒地園芸作物の栽培生理・生態及び品質生理機構の解明
小課題アブラナ科野菜の品質形成および鮮度保持の生理化学的解明(50)
摘要ブロッコリーの花らいに含まれるGlucobrassicin(GB)の品種・部位による含量の差を露地でポリマルチ栽培して調べた。花らいに含まれる5種のグルコシノレートのうち、GBの含量が最高であった。小花らい中の含量は品種「緑嶺」が「シャスター」よりも高かった。部位別では先端部の小花らいが側部の小花らいより高く、花柄は花らいより低かった。以上から、GB含量は前駆体であるLートリプトフアンやシステイン合成酵素活性が盛んな葉緑体を多く含む部位で高いと推定された。
研究分担地域基盤・品質生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040497
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat