畑作物の連作・交互作反応と土壌生物相との関係

畑作物の連作・交互作反応と土壌生物相との関係

課題番号1994002027
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関九農試
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の土壌環境特性の解明と管理利用技術の改善
中課題寒地における土壌微生物生態の解明と利用技術の開発
小課題畑作物の連作・交互作反応と土壌生物相との関係
摘要畑作物の安定多収技術を確立する研究の一環として、連作・交互作における作物の生育収量反応を土壌環境要因との関連において解析しようとする。そのため、表土層厚を異にした湿性黒色火山性土ほ場に秋播小麦といんげんの連作・交互作ほ場を設け、土壌・根圏の生物性、物理性、化学性、養分吸収等と生育収量との関係を年次変動とともに解析する。連作菜豆は生育初期から根生育や茎葉発達が抑制され、根部の著しい褐変、収量低下及びりん吸収の抑制が認められた。土壌の糸状菌フロラは交互作区と同様であったが、根糸状菌フロラは連作により著しく単純化し、根発達劣化との相関が認められた。根域線虫相はネコブセンチュウが優占した。連作小麦は生育収量とも交互作区との有意な差がみられていない。
研究分担生産環境・土微研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040517
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat