ライコムギの栄養生理生態に関する基本的調査(252)

ライコムギの栄養生理生態に関する基本的調査(252)

課題番号1994002031
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関北陸農試
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の土壌環境特性の解明と管理利用技術の改善
中課題寒地作物の栄養生理生態の解明と養水分管理技術の開発
小課題ライコムギの栄養生理生態に関する基本的調査(252)
摘要秋播きのライコムギは収量がかなり高く、10a当たりほぼ1トンの収量が得られる場合もあった。ライコムギ品種の中ではプレストが最も栽培しやすく、播種時期やリン酸肥沃度の如何にかかわらず、チホクコムギより約2割ほど高収であった。ライコムギの止葉光合成能は小麦、らい麦より明らかに高かった。また、ライコムギ、らい麦はリン酸無施用条件での生産性が小麦より高く、これには根の特性が関与していると考えられた。ライコムギは製粉歩留まりがチホクコムギより高かったものの、製パン試験では市販パン用粉には劣っていた。飼料価値は小麦と同様と判断された。ビール用モルト試験では濾過速度や麦汁の最終発酵度などにやや難点があった。
研究分担企連生産環境畑作センタ・総研3麦育種研病害研養分動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040521
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat