大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発

大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発

課題番号1994002034
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の土壌環境特性の解明と管理利用技術の改善
中課題寒地作物の栄養生理生態の解明と養水分管理技術の開発
小課題大豆低温抵抗性向上のための地下部環境改善技術の開発
摘要北海道でのだいずの栽培を安定させるには、冷害気象条件下で収量、品質を安定、向上させる技術が重要である。だいずの養分吸収は低温気象条件下で阻害されやすい。中でも燐酸は十分に吸収されると作物の生育ステージを早め、開花期の低温障害を軽減できるなど低温抵抗性向上のために重要であるが、畑作物地帯に多い火山灰土壌では施用されても吸収が不十分なことが多く、低温下では吸収がさらに低下しやすい。また、冷害は多雨を伴うことが多く、だいずは湿害により養分吸収や根粒活性が阻害されやすく、冷害抵抗性をさらに低下させている。本研究では地下部環境を改善することにより、冷害気象条件下におけるだいずの養分吸収を円滑ならしめ、その生産安定を図る技術を開発しようとする。
研究分担生産環境・養分動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040524
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat