ばれいしょの土壌病害抵抗性検定法の開発(272)

ばれいしょの土壌病害抵抗性検定法の開発(272)

課題番号1994002045
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題寒地自然資源の評価と寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地生態系の生物的特性の解明と総合的管理利用技術の開発
中課題寒地作物病害の病原菌特性と抵抗性機作の解明
小課題ばれいしょの土壌病害抵抗性検定法の開発(272)
摘要人工汚染土を用いた温室内抵抗性検定法の有用性を調べた。実生苗から形成された塊茎を種いもとして第2次の抵抗性検定を行ったところ、第1次検定と同様に発病は強弱を示し、由来種子の交配組み合わせ間及び1、2次検定間に相関が認められ、本検定法の有用性が確認された。この温室内抵抗性検定法によって1、2次検定ともに無発病あるいは、極めて軽度の発病しか示さない102個体の抵抗性塊茎を選抜した。次に、北海道内に現在分布するそうか病菌の系統について調べた。病原性を持つ65菌株は、胞子鎖の形態、色素産生能に基づいて3種類、さらに耐酸性に基づいて1種類、計4種類の系統が、道内には現在分布することが明らかになった。
研究分担生産環境・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040535
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat