小果樹類の導入と栽培特性の解明(52)

小果樹類の導入と栽培特性の解明(52)

課題番号1994002053
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完S59〜H05
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題作物遺伝資源の導入・評価・保存並びに管理技術の開発
中課題遺伝資源の導入及び特性の解明
小課題小果樹類の導入と栽培特性の解明(52)
摘要せん定において発育枝を更新するとき、品種によって若干の差はあるが、フサスグリでは4〜5年以上の、スグリでは5〜6年以上の枝を間引いて更新するとよい。カナダ農務省育成のキイチゴ「チルコチン」、「ヌートカ」、「スキーナ」は従来品種より優れていることが明らかにされ、平成3年度に北海道の準奨励品種となった。昭和43年にアメリカ農務省から導入したローブッシュ・ブルーベリーの自然交雑実生の予備選抜で得られた41系統についてさらに選抜を進め、14系統が残った。この課題は期間満了により完了とするが、残っている系統については新しい課題に引継ぎ、新品種の育成を図る。
研究分担作物開発・果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat