マメ科牧草遺伝資源の導入及び特性の解明

マメ科牧草遺伝資源の導入及び特性の解明

課題番号1994002062
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H14
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題作物遺伝資源の導入・評価・保存並びに管理技術の開発
中課題遺伝資源の導入及び特性の解明
小課題マメ科牧草遺伝資源の導入及び特性の解明
摘要世界各地から収集・導入したマメ科牧草遺伝資源の特性を評価し、データベース化する。ロシアから導入または収集したアカクローバ21系統の一次特性及び二次特性調査を行う。アルファルファはロシアとカナダから導入したものを中心に44品種・系統の特性調査を行う。その他のマメ科牧草としてロシアで収集したGalega属の特性をアルファルファ・アカクローバとの比較で調査し、Galega orientalisについては北海道への導入可能性を検討する。
研究分担草地・マメ育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040552
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat