厳寒豪雪地帯への放牧用優良牧草の導入

厳寒豪雪地帯への放牧用優良牧草の導入

課題番号1994002082
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題新育種法の開発及び新育種素材の作出
中課題寒地作物の主要特性の効率的育種法の開発
小課題厳寒豪雪地帯への放牧用優良牧草の導入
摘要道立農試と共通に供試したイネ科牧草4草種10品種の越冬直前の耐凍性(LT50、50%個体致死温度)はチモシー(−29℃)、メドウフェスク(−21〜−23℃)、オーチャードグラス(−13〜−19℃)、ペレニアルライグラス(−15〜−17℃)であった。除雪した自然凍結処理区においては、LT50が−20℃以上であったオーチャードグラスとペレニアルライグラスの全品種は1月中に凍死し、その順序はLT50に比例した。また、メドウフェスクとチモシーは積雪による防寒がなされなくとも札幌では越冬することが明らかになった。貯蔵物質の指標となる牧草冠部の暗黒下再生量(EG)は個体重と相関し、ペレニアルライグラスが最大であった。
研究分担草地地域基盤・イネ育種研耐寒遺伝研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040572
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat