アグロバクテリウムによるイネの形質転換ベクターの開発(67)

アグロバクテリウムによるイネの形質転換ベクターの開発(67)

課題番号1994002085
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題新育種法の開発及び新育種素材の作出
中課題バイオテクノロジー利用による寒地作物の新育種技術の開発
小課題アグロバクテリウムによるイネの形質転換ベクターの開発(67)
摘要選択マーカーとしてハイグロマイシン抵抗性遺伝子を、また、遺伝子導入を容易に検出するためのレポーター遺伝子としてGUS遺伝子を持つTiプラスミドベクターを作成し、アグロバクテリウムとタバコ葉切片及びイネ幼植物切片との共存培養によりイネへの遺伝子導入を試みた。ハイグロマイシン抵抗性のカルスの中に6例、ハイグロマイシン抵抗性遺伝子を持つものが検出され、また、タバコ葉切片を共存させたときにはハイグロマイシン抵抗性カルスでは著しいGUS遺伝子発現が検出され、アグロバクテリウムによる遺伝子導入の可能性が示唆された。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040575
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat