選抜クローンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(68)

選抜クローンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(68)

課題番号1994002086
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関生資研;長崎総農試【石毛光雄;今井剛】
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題新育種法の開発及び新育種素材の作出
中課題バイオテクノロジー利用による寒地作物の新育種技術の開発
小課題選抜クローンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(68)
摘要3年度の供試カリクローンから選抜した6系統が6年度生産力検定試験に供試される。これらは原品種より多収・良品質の可能性が高い。花色、皮色等の変異クローンおよび平成4年度の供試クローンからの選抜系統は生産力検定予備試験に上げる。5年度供試のプロトクローンから茎色変異と切断褐変の少ないクローン(共に「男しゃくいも」)が高率で出現した。また「ホイラー」のプロトクローンは径1■以下のマイクロチューバから平均1■以上のいも収量があり、地上部生育もすべて旺盛であった。4年度にそうか病抵抗性を示した10クローンは3反復の再試験の結果、罹病性と判定された。
研究分担畑作センタ・馬鈴しょ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040576
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat