てんさい抽苔耐性系統の選抜・育成(126)

てんさい抽苔耐性系統の選抜・育成(126)

課題番号1994002129
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S36〜H10
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題作物の寒地向き優良品種の育成
中課題特用作物の優良品種の育成
小課題てんさい抽苔耐性系統の選抜・育成(126)
摘要平成3年に育成品種「モノヒカリ」の種子親である雄性不稔系統とその維持系統であるTK−76−49/2BR3mm−CMS及びTK−76−49/2BR3mm−Oの抽苔選抜(BR4選抜)系統の選抜効果をBR0、BR1、BR2、BR3を使って検討した。「モノヒカリ」の抽苔率は81.0%であったのに対して、「モノパール」は30.3%、「モノヒカリ」の花粉親である「NK−152」は48.0%、同系統の抽苔選抜した「NK−152BR」は31.7%であった。一方、雄性不稔維持系統の抽苔率は、BR0系統の75.3%に対して、BR1:63.3%、BR2:60.7%、BR3:40.3%、BR4:33.0%と、選抜回数を重ねることにより抽苔率の低下することが認められ、BR4でほぼ「NK−152BR」程度の抽苔耐性を示した。
研究分担畑作センタ・てん菜研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040619
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat