サイレージ用とうもろこし導入品種の品種特性

サイレージ用とうもろこし導入品種の品種特性

課題番号1994002150
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H06〜H06
年度1994
研究問題作物育種法の開発と寒地向き優良品種の育成
大課題作物の寒地向き優良品種の育成
中課題飼料作物の優良品種の育成
小課題サイレージ用とうもろこし導入品種の品種特性
摘要諸外国で育成されたサイレージ用とうもろこしの諸特性を調査するとともにその適応性を検討し、優れた品種を見出した場合には国内での普及を図る。現在の国内普及品種(国内育成品種を含む)を比較品種とし、生産力検定試験、病害抵抗性検定試験を実施し、それぞれ17品種、58品種を供試して評価した。その結果、X9033、3845、DK401、SX123、DK485、DK501、8829、EXP245が比較品種より多収を示した。すす紋病に強い品種はSK309264、ディアHT、9J0145、X0852V、X0852、SH1302、3795、5877、8829、ごま葉枯病に強い品種はX0852V、SH1302、3795、HE9243、DK501、3715であった。3年間の成績からX9033(ライサ)、3845が北海道優良品種に認定された。
研究分担草地・飼料育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040640
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat