北部地域における土壌ストックの形成と養分フロー(154)

北部地域における土壌ストックの形成と養分フロー(154)

課題番号1994002183
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H10
年度1994
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模畑作農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題大規模畑作農業における高度輪作生産システムの確立
小課題北部地域における土壌ストックの形成と養分フロー(154)
摘要三種類の土壌にすき込まれた各種作物体残渣から放出される窒素成分の、後作とうもろこしによる吸収利用率を重窒素標識法により明らかにした。吸収利用率はてんさい残渣で15.5〜21.7%と大きく、とうもろこし残渣で8.3〜21.9%、小麦残渣で6.6〜13.1%と小さかった。また、残渣をすき込んでも利用率は土壌種により異なり、褐色低地土>湿性黒色火山性土≧褐色火山性土の順に大きかった。以上のすき込み残渣由来窒素放出推定結果を検証したところ、残渣と土壌種の特徴を評価することができるものの、量的にかなり隔たりがあることが明らかになった。
研究分担畑作センタ・生産チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040673
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat