根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(170)

根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(170)

課題番号1994002204
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関秋田農試
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題大規模畑作農業における環境保全型高収益生産システムの確立
中課題高収益営農のための新規土地利用方式の確立
小課題根菜類を組み込んだ作付体系の現地事例実態調査(170)
摘要農家圃場における根菜類野菜(にんじん)の栽培現況についてアンケート調査及び圃場調査を行った。にんじんの品種、前作物について地域別の実態が明らかになった。また、施肥量については、十勝北西部の低地土ではカリの施用量が平成2年から5年まで30%減少しており、火山性土では窒素が20%減少していることが明らかになった。さらに、低地土では火山性土に比べにんじんの規格内収量が低く、不安定であることが判明し、これは土壌物理性の不良によって異常根が発生しやすいためと考えられた。
研究分担企連・総研2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040694
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat