光学的手法による根菜類の外観選別評価技術の開発(293)

光学的手法による根菜類の外観選別評価技術の開発(293)

課題番号1994002222
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題農産物の生産・利用・流通技術の開発と流通システムの確立
中課題高品質農産物の収穫調製・貯蔵・加工・流通技術の開発
小課題光学的手法による根菜類の外観選別評価技術の開発(293)
摘要光学的センサを用いた画像処理手法により茎葉・腐敗・打撲等の部位を抽出する外観選別評価手法を開発する。5年はばれいしょの打撲と分光反射率との関係について検討した。肉眼観察では落下時に亀裂が生じた塊茎の外観は亀裂部がやや黒ずんでみえるが、亀裂のない塊茎では打撲症状は認められなかった。分光放射計による可視領域の分光反射率は貯蔵初日では打撲の有無による差は認められず、また、男爵では打撲の有無による違いは認められなかった。トヨシロでは貯蔵61日目に打撲塊茎で分光反射率の低下が認められた。しかし、特定の波長ではなく可視全領域に渡って低下する傾向にあって、打撲塊茎の選別への利用の可否についてはさらに検討する必要がある。
研究分担畑作センタ・生産チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat