高水分小麦の収穫乾燥過程と品質特性に基づく高品質維持技術の開発

高水分小麦の収穫乾燥過程と品質特性に基づく高品質維持技術の開発

課題番号1994002223
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題大規模水田作・畑作農業における環境保全型高位安定生産システムの確立
大課題農産物の生産・利用・流通技術の開発と流通システムの確立
中課題高品質農産物の収穫調製・貯蔵・加工・流通技術の開発
小課題高水分小麦の収穫乾燥過程と品質特性に基づく高品質維持技術の開発
摘要北海道十勝地方は小麦の主産地であり、国内生産量の2割、約15万トンの小麦を生産している。しかし、小麦の収穫期には降雨に遭遇する恐れがあるため、普通型コンバインによる短期間の一斉収穫作業となって、小麦がトラック等に積載されたまま通常2〜3時間待機する場合がある。収穫時の小麦子実の水分は30%を超えることもあって、待機過程において小麦の品質・生理活性に影響を及ぼしている可能性がある。本課題では、小麦の高品質維持技術を確立するため、積載待機を中心に小麦の収穫乾燥過程における品質・生理活性の変化を解明し、小麦の収穫乾燥過程における高品質維持のための最適条件を明らかにする。
研究分担畑作センタ・生産チーム
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat