コウリンタンポポの分布と適応に関する研究(177)

コウリンタンポポの分布と適応に関する研究(177)

課題番号1994002228
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H13
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題自給飼料の安定生産利用技術の確立
中課題草地の立地条件の解明と植生安定管理技術の確立
小課題コウリンタンポポの分布と適応に関する研究(177)
摘要網走地域におけるコウリンタンポポの分布と生育実態の調査を行った。1992年に調査を行った天北地域では、全域にわたってコウリンタンポポが見られたが、網走地域では天北地域ほどではないものの、各地の草地にコウリンタンポポが認められた。コウリンタンポポは牧草地の中には殆ど見られず、排根線や牧柵の下など草地の周辺部に生育していた。また、主要国道の道路ノリ面にもコウリンタンポポが見られ、道路工事に伴う張芝として荒廃牧草地の植生が利用されることによって、コウリンタンポポの分布が拡大していることが推察された。
研究分担草地・草地管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat