寒地草地土壌における難溶性リンの特性解明(205)

寒地草地土壌における難溶性リンの特性解明(205)

課題番号1994002234
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完H04〜H05
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題自給飼料の安定生産利用技術の確立
中課題根圏域における植物機能を利用した草地土壌の生産力向上技術の開発
小課題寒地草地土壌における難溶性リンの特性解明(205)
摘要草地に蓄積するリンは有機態リンと無機態リンに分けられるが、植物により直接利用される無機態リンの形態につき、その経年化に伴う蓄積形態を検討した。褐色火山性土のオーチャードグラス単播草地では、6kg、P2O5/10a以上のリン施肥で5、6年目以降リンが土壌の極表層(0〜2cm土層)に顕著に蓄積するが、その形態は主に無機態リンであった。無機態リンのうち、Ca型リンは経年化に伴い殆ど蓄積せず、主にAl型リンが蓄積した。北海道内の主要な草地地帯である根釧、天北、十勝地方の草地土壌6タイプのうち火山性土では、蓄積無機態リンの主要な形態は土壌の種類、施肥来歴が異なるにもかかわらず主にAl型リンであった。
研究分担草地・草地地力研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040724
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat