DNA多型等を利用した泌乳特性に関する遺伝標識の解析

DNA多型等を利用した泌乳特性に関する遺伝標識の解析

課題番号1994002247
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題寒地における乳用牛・肉用牛の特性解明と合理的管理技術の開発
中課題乳用牛・肉用牛の遺伝特性の解明と効率的育種システムの開発
小課題DNA多型等を利用した泌乳特性に関する遺伝標識の解析
摘要乳用牛の泌乳能力の向上に付随して乳房炎などの泌乳阻害の問題が顕在化してきている。その背景として乳用牛の遺伝特性の変化による種々の環境ストレスに対する抵抗性の低下が考えられる。また、消費者ニーズの高度化により、乳量だけでなく乳質の改良が大きく取り上げられてきている。牛の世代間隔は長く、泌乳特性の遺伝子支配を交配実験によって研究することは不可能である。そのため、遺伝標識を利用した遺伝的研究を行う必要がある。この課題では、遺伝的多様性が高いDNAを利用して遺伝標識システムを作成する。また、牛の組織適合性抗原遺伝子複合体であるBoLAも遺伝的な変異性が高く、泌乳能力を抑える要因としての疾病と大きな関わりを持つため、BoLAの遺伝的変異と泌乳特性との関係についても検討を行う。
研究分担畜産・家畜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040737
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat