PCR法を用いたウシ胚由来cDNAに関する研究(224)

PCR法を用いたウシ胚由来cDNAに関する研究(224)

課題番号1994002251
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題寒地における乳用牛・肉用牛の特性解明と合理的管理技術の開発
中課題乳用牛・肉用牛の繁殖機能の解明と増殖技術の確立
小課題PCR法を用いたウシ胚由来cDNAに関する研究(224)
摘要妊娠100日齢のホルスタイン雌牛の子宮静脈と頚静脈にカテーテルを装着し、同時に5分間隔で130分間採血し、LH、FSH、プロジェステロン、エストラジオール17β(E2)及びエストロンサルフェート(E1−S)の濃度の比較を行った。LH、FSH、Pについては濃度差は認められなかったが、E2とE1−Sについては明らかな濃度差が認められ、両ホルモンとも妊娠子宮静脈血の方が5〜10倍程度高い濃度を示した。また、LH−β、FSH−β、インヒビン、3β−HSDの塩基配列を検討し、DNA合成器を用いてプライマーを作成した。
研究分担畜産・家畜繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040741
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat