乳酸菌のバクテリオシン等の有用形質の利用に関する研究(237)

乳酸菌のバクテリオシン等の有用形質の利用に関する研究(237)

課題番号1994002267
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題寒地における乳用牛・肉用牛の特性解明と合理的管理技術の開発
中課題牛群の生態特性の解明と牛群管理の省力・合理化技術の開発
小課題乳酸菌のバクテリオシン等の有用形質の利用に関する研究(237)
摘要研究室で保有している乳酸菌12株についてスクリーニングしたところ、2株がバクテリオシン生産能を有していた。この2種のバクテリオシンは、熱抵抗性は強いがタンパク分解酵素に感受性であり、また他の菌の生育に対する阻害スペクトルや阻害強度から同系統のタンパク質と考えられる。プラスミドフリー株(全てのプラスミドを消去した株)はバクテリオシン生産能を失っている事から、その構造遺伝子はプラスミドにコードされていると考えられる。発酵乳製品や生乳から新規の乳酸菌として15株分離した。その内訳は球菌13株、桿菌2株であり、今後バクテリオシン生産能を検定する。
研究分担畜産・家畜管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040757
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat