肉用繁殖牛のための超低コスト草種・品種の選定と最適放牧利用法の開発

肉用繁殖牛のための超低コスト草種・品種の選定と最適放牧利用法の開発

課題番号1994002277
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題寒地土地利用型畜産における環境保全型生産システムの確立
大課題寒地畜産における環境保全型生産システムの確立
中課題放牧を取り入れた環境保全型生産方式の開発
小課題肉用繁殖牛のための超低コスト草種・品種の選定と最適放牧利用法の開発
摘要農産物の輸入自由化の進展や地力向上への関心の高まり等から、北海道の畑作地帯では、農業収入の分散化と堆肥生産を目的とて、畑作物に肉牛生産を加えた経営形態が増加している。しかし、肉牛飼養のための新たな耕地の確保による規模拡大には限界があり、今後は林地や傾斜地などの未利用地や、農家周辺の里山を有効に利用した放牧による低コストの繁殖牛飼養技術の確立が必要とされる。一方、一般に寒地型放牧草のTDN含量は高く、そのような草地に放牧された肉用繁殖牛は過肥になり易い。そこで本研究では、林内野草地に新しいタイプの牧草を導入することによって、繁殖牛の栄養要求量に適合し、しかも牧養力の高い林内放牧地を創出し、それを利用した繁殖牛の環境保全型飼養管理システムを開発する。
研究分担草地・放牧利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040767
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat