寒冷地における高度堆肥化処理施設の除湿・防臭換気法の開発

寒冷地における高度堆肥化処理施設の除湿・防臭換気法の開発

課題番号1994002310
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H06〜H11
年度1994
研究問題北海道地域における農業・農村活性化方式の確立
大課題寒地農業・農村における工学的技術の開発及び利用
中課題寒地における農地及び農業施設の環境改善技術の開発
小課題寒冷地における高度堆肥化処理施設の除湿・防臭換気法の開発
摘要寒冷地において堆肥化処理を高度に行う上で問題になるのが発生する水分と臭気の処理である。この解決法として、冬季間の冷たい外気を利用して、堆肥化処理施設内で強制的に結露させ、除湿すると共に、結露するときに臭気成分も結露水にとけ込むことを利用して、除臭をも行う換気法を開発する。また、この換気法では、結露にともなって発生する潜熱(結露水1g当たり約600cal)も利用できるため、発酵のための温度環境を確保しやすくなる。6・7年度には、除湿・除臭換気装置の設置、改善及び堆肥舎内環境測定を行い、8年度には、堆肥舎の水・熱収支を計算するとともに除湿・除臭効果を評価する。9年度以降には、肥料成分を含んだ結露水の有効利用法を検討する。
研究分担農村計画・農地施設研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040800
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat