冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明

冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明

課題番号1994005733
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題海洋構造と生物生産機構の解明
中課題リモートセンシング等高度技術による植物プランクトン生産機構の解明
小課題冷中性子を用いた放射化分析による水産資源の生物特性の解明
摘要沿岸域、湧昇域や高緯度域における高い基礎生産力を支えているのが珪藻類と呼ばれる植物プランクトンである。珪藻類の生長にとって珪素は制限要因のひとつと考えられるが、いまだに明確な結論が得られていない。これは、従来の方法では量並びに質的に十分なデータが集められなかったためである。本課題の目的は、簡便で高感度な冷中性子放射化分析を応用して海洋試料中の珪素の分析を行なう手法を確立することにある。さらに、珪素が珪藻類の生長にとって制限要因であるか否かを明らかにする。
研究分担海南大洋・高緯海研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040828
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat