太平洋における外洋性いか類の年齢と成長の解明(52)

太平洋における外洋性いか類の年齢と成長の解明(52)

課題番号1994005758
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H05〜H09
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題外洋性いか類の生物特性の解明
小課題太平洋における外洋性いか類の年齢と成長の解明(52)
摘要春〜夏に採集した外套長16〜30cmのアカイカの平衡石の輪紋数から、ふ化月を1〜5月と推定した。しかし、大型のアカイカの平衡石は周辺部の輪紋間隔が著しく狭いことや輪紋のコントラストが弱いため、安定的な計数値を得ることは困難であった。6年度は、平衡石の処理法を改良し、上記問題を解決すると共に、飼育により輪紋形成周期を明らかにする必要がある。また、平衡石の輪紋形成過程を解明し、個体の成長履歴を推定するための基礎的研究を行う。将来的にはこれらの手法をアメリカオオアカイカ、トビイカ、ツメイカ、タコイカ等へ応用する。
研究分担外洋資源・遠洋底魚研外洋いか研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040853
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat