南極オキアミの分布と海洋環境(46)

南極オキアミの分布と海洋環境(46)

課題番号1994005761
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継S54〜H07
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題南極おきあみ類の環境条件と生活史の解明
小課題南極オキアミの分布と海洋環境(46)
摘要ロス海周辺におけるナンキョクオキアミの分布生態について調べた。初夏においては成熟した大型個体が外洋域に分布し、未成熟個体は氷縁域に分布した。同じ時期にミンククジラは氷縁域よりも沖合に多く分布した。盛夏になると、成熟個体は外洋域から氷縁域に移動していた。この成熟個体の季節移動を追うようにしてミンククジラも氷縁域に多く分布するようになった。以上より、ナンキョクオキアミの成熟個体は季節回遊を行い、これがミンククジラの移動に影響を及ぼしていると考えられた。
研究分担海南大洋・南大洋資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040856
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat