アリューシャン海盆のスケトウダラ漁業の経過と実態の解明(90)

アリューシャン海盆のスケトウダラ漁業の経過と実態の解明(90)

課題番号1994005768
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間止S62〜H05
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題遠洋底魚類の持続的利用技術の確立
小課題アリューシャン海盆のスケトウダラ漁業の経過と実態の解明(90)
摘要北洋底魚漁業の漁獲統計を集計し、ベーリング公海におけるスケトウダラの漁獲量、漁獲努力量、CPUE等の分析を行った。また、シアトルで開催されたベーリング海スケトウダラ資源評価作業部会に出席し、韓国、ポーランド、ロシア、中国及び米国のベーリング海の各海域における漁獲統計に関する情報を得た。4年の我が国の漁獲量は2,700トンで、3年のわずか1/50であった。公海における全関係国による合計漁獲量は11,000トンであった。5年から公海での漁業が自主的に停止されたが、我が国は4隻のトロール船による試験操業を実施し、スケトウダラの資源水準をモニターした。研究基本計画の見直しに伴って本課題を中止し、当研究を新規課題「遠洋底魚類の資源動向の把握」に発展的に引き継ぐ。
研究分担北洋資源・北洋底魚研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040863
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat