南米北岸えびトロール漁業の形態・規模の変遷の解明(93)

南米北岸えびトロール漁業の形態・規模の変遷の解明(93)

課題番号1994005771
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間止S62〜H05
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題遠洋底魚類の持続的利用技術の確立
小課題南米北岸えびトロール漁業の形態・規模の変遷の解明(93)
摘要4年に、ギアナ沖では操業隻数が前年の38隻から30隻に減少し、努力量当たり漁獲量もやや減少したことから、エビ類の漁獲量(無頭換算、以下同様)は前年比16%減の535トンとなった。コロンビア沖では本年は操業が無かった。ニカラグア沖では、前年同様に4隻が操業した。ひき網時間は前年並であったが努力量当たり漁獲量が3倍強となったため、エビ類の漁獲量は前年の20トンから64トンへ急増した。この他にコロンビアの太平洋岸では、前年に操業した8隻のうち4隻がニカラグアへ転漁したため4隻の操業となり、深海性エビ類を主体に有頭123トンを漁獲した。本課題は研究基本計画の見直しに伴い中止する。
研究分担外洋資源・遠洋底魚研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040866
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat