重要大型鯨類資源の動態解明

重要大型鯨類資源の動態解明

課題番号1994005796
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題遠洋水域における海洋特性の解明と資源の持続的利用技術の確立
大課題水産資源の生物特性の解明と持続的利用技術の確立
中課題鯨類資源の動態解明と管理方法の検討
小課題重要大型鯨類資源の動態解明
摘要国際情勢の変化に対応するため5年度中に実質的な研究を開始した。夏季に北太平洋西部、オホーツク海、東シナ海へ、冬季に北太平洋西部の中緯度海域で目視調査を実施した。その結果、太平洋沿岸のツチクジラの資源尾数を3,950頭と推定した。北太平洋西部ニタリクジラは予備的に11,386頭と推定したが、分布の南限を確定し調査船の船型と観察員数の違いを検討する必要がある。今後は、ニタリクジラの包括的資源評価及び北太平洋北西部のミンククジラに対するIWC改訂管理方式の運用に備えて、日本海、黄海、東シナ海及び北太平洋低緯度域で目視調査を実施する。またIWC国際調査計画の下に南極海ミンククジラ目視調査を計画立案するとともに、IWC決議に対応してシロナガスクジラの越冬場に関する調査を計画する。
研究分担外洋資源・小型鯨研大型鯨研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040891
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat