森林施業が与えた土壌劣化の回復過程の解明(9)

森林施業が与えた土壌劣化の回復過程の解明(9)

課題番号1994004334
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地環境の特性解明と評価
中課題森林土壌の成因と特性の解明
小課題森林施業が与えた土壌劣化の回復過程の解明(9)
摘要ミズナラ二次林の漸伐前後で土壌の物理性は悪化した。土壌硬度は6.4mmから10.0mmに、容積重は33.1g/100ccから38.3g/100ccに高まり、粗孔隙は50.6%から44.3%に、透水性は379.9cc/m.から202.3cc/m.に減少した。しかし、A0層厚やA層厚には余り変化がなかった。伐採後、経過年数が経るにしたがって、透水性はその減少がとまり、2.5年後には1.5年後と余り変わらなかった。A層厚は漸伐前後では変化が無かったものの、時間の経過とともに減少する傾向を示した。
研究分担森林環境・立地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040913
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat