土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(830)

土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(830)

課題番号1994004336
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H11
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地環境の特性解明と評価
中課題森林土壌における物質変換機構の解明
小課題土壌有機物の分解及び物質循環に関する観測研究(830)
摘要タイ国における熱帯季節林の動態解明のため、カンチャナブリ県の固定試験地において、タケ類、イネ科、バナナ他でバイオマス量と養分蓄積量調査が行われた。葉や枝の水分含有量は8−9%を示したバナナを除くと30−40%であったが、木本の材では40−50%、タケの幹では45−65%であった。表層土壌の根系量は低地のヤーカーが253g/m2/15cmともっとも多く、バナナが41gと少なかった。各プロットにおける表層土壌の分布を天然林、草地、チーク新植地、チーク人工林で調査した結果、乾季の始まりで土壌水分は減少していたがわずかな地形の特徴の違いで水分量、pH、ECの分布に差異がみられた。草地では渓流が高いアルカリ性を示すことから土壌pHも高かった。
研究分担森林環境・土化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040915
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat