酸性雨等モニタリングセンターステーションの構築

酸性雨等モニタリングセンターステーションの構築

課題番号1994004353
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H02〜H06
年度1994
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地環境の特性解明と評価
中課題立地情報の総合的解析と土壌資源の評価法の開発
小課題酸性雨等モニタリングセンターステーションの構築
摘要酸性雨は広域汚染であり、森林に与える影響は慢性的、蓄積的である。森林地帯における酸性降下物の量と質を明らかにするとともに、森林生態系に与える影響とその発現機構を解明し、影響の顕在化を未然に防ぐために、全国8箇所にモニタリングセンターステーションを構築し、森林及び森林環境の観測を行う。また、得られたデータをデータベース化し、総合的な解析を行う。本研究は、林野庁にて推進中の「酸性雨等森林被害モニタリング事業」と協力・分担関係にあり、モニタリング事業で得られたデータ等の解析等も実施する。これまでに、降雨・林内雨・樹幹流の特性、表層土壌の化学的特性、森林衰退の実態等が明らかにされた。
研究分担森林環境(科長)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030040932
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat